『正義の法』憎しみを超えて、愛を取れ(全4巻)

憲法論争、格差問題、歴史認識、中国の軍拡、中東紛争とテロ、北朝鮮問題― どうすれば、この世界から争いがなくなるのか。 あらゆる価値観の対立を超えて、私たち一人ひとりが、「幸福」になる選択とは何か。
世界の見方が変わる。日本の未来を変える。この一冊が、「未来社会を創るDNA」となる。
正義の奥には、愛がある。著作発刊点数2000書突破!

第1章 神は沈黙していない―「学問的正義」を超える「真理」とは何か

  1. 「先進国の学問」に潜む一つの問題
  2. アメリカの大学で起きた「学問」と「信仰」の対立
  3. 「この道しかない」と言えるのは、神のみ
  4. 今、神の声が降りている
  5. 真理によって「学問の限界」を踏み越えよ

第2章 宗教と唯物論の相克―人間の魂を設計したのは誰なのか
  1. 天変地異が多発している地球
  2. 宗教対立を終わらせるために
  3. 小乗仏教の間違いを正す
  4. 「進化を設計した人」は誰か
  5. 「死」を扱う宗教には公益性がある
  6. 「聖なるもの」に帰依する心を

第3章 正しさからの発展―「正義」の観点から見た「政治と経済」
  1. イスラム系で発生した「二つの事件」
  2. 「人質事件」での日本側の対応を検証する
  3. 「政治的な正しさ」とは何か
  4. 「経済的な正しさ」とは何か
  5. 「発展・繁栄の考え方」を日本から世界に

第4章 正義の原理―「個人における正義」と「国家間における正義」の考え方
  1. 現代では最も難しい「正義」というテーマ
  2. 宗教の立場から見た「正義」
  3. 憲法論争をめぐる「正義」の考え方
  4. 「法治主義」「法による支配」の危険性
  5. 世界における「正義」の考え方

第5章 人類史の大転換―日本が世界のリーダーとなるために必要なこと
  1. 今、求められる「智慧の力」
  2. 「視点の大転換」を促す霊性革命
  3. 世界の「価値観の対立」を読み解く
  4. 世界のリーダーとなるための「宗教立国の精神」

第6章 神の正義の樹立―今、世界に必要とされる「至高神」の教え
  1. 揺らぎ始めた世界の価値観
  2. 先の大戦における日本への評価は正当か
  3. 宗教同士の対立戦争をどう見るか
  4. 日本が世界の平和に貢献するために
  5. 宗教対立、民族対立を超えて
  6. 「神の正義」によって、すべての人の幸福を

大川隆法 著
幸福の科学出版 2015年12月刊
2015年12月 点訳


次の書籍のもくじへ

「法」シリーズ一覧へもどる







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る