『悟りの挑戦(下)』仏智が拓く愛と悟りの世界(全2巻)

本書の対象は、かなり専門的なものであるが、(中略) 話し言葉の文体で、できるだけ分かり易くなるように心がけた。しかし、とりあ げたポイント自体は、現代仏教学および、現代仏教の急所ともいえるところで ある。ながく仏教を勉強してこられた方にとっても、「これが、釈迦の真意で あったか」と目から鱗が落ちる思いを体験する人もいることだろう。(「まえ がき」より)
    第1章  中道からの発展
    1. 中道とは何か
    2. 実践論としての中道 ― 苦楽の中道
    3. ものの見方における中道
    4. 三諦円融

    第2章  小乗と大乗
    1. 菩薩の条件
    2. 釈迦在世当時の弟子たち
    3. 小乗仏教と大乗仏教
    4. 大衆救済としての大乗
    5. 上求菩提・下化衆生

    第3章  涅槃とは何か
    1. 涅槃と解脱
    2. 仏陀の「燃える火の説法」
    3. 涅槃寂静の境地
    4. 無住処涅槃とは
    5. 悟りの高さと救済力

    第4章  空と救済
    1. 空と縁起観
    2. 空間縁起とは
    3. 空と三法印
    4. 空の大乗への展開
    5. 真空妙有と救済
    6. 布施と三輪清浄
    7. 空と与える愛

    第5章  無我中道
    1. 「無我」の思想と後世の唯物化
    2. 釈迦の思想の真意
    3. 仏教がインドで滅んだ理由
    4. 仏教学に対する重大な修正
    5. 「無我中道」とは何か

    第6章  仏性と成仏
    1. 仏性と如来蔵
    2. 一闡提(いっせんだい)の問題(断善根)
    3. 一切衆生悉有仏性と一切衆生悉皆成仏 ― 本覚と始覚
    4. 最澄と徳一の論争(三一権実論争)
    5. 理仏性と行仏性
    6. 五姓各別の思想
    7. 道元の疑問
    8. 平等と公平の問題
    9. 勇気と愛、希望の原理として


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    1997年5月 点訳


次の書籍のもくじへ

仏教書一覧へもどる






ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る