『沈黙の仏陀』ザ・シークレット・ドクトリン(全3巻)

仏陀滅して二千五百年。その教えは沈黙の中におかれた。 しかし、その教えの真意を解く鍵は、修行論の中にある。沈黙の仏陀の声なき 声がそこにある。(「まえがき」より)
    第1章  沈黙の仏陀
    1. 仏教のなかの修行論
    2. 仏教の教えの基本 ― 三法印
    3. 釈迦の説いた無我の思想
    4. 真実の自己の発見
    5. 涅槃寂静の悟り
    6. 「真空無相」「真空妙有」と空の悟り
    7. 「沈黙の仏陀」の教え

    第2章  四弘誓願
    1. 修行者の立てる代表的な四つの誓願
    2. 衆生無辺誓願度
    3. 煩悩無尽誓願断
    4. 法門無量誓願学
    5. 仏道無上誓願成
    6. 総願と別願
    7. 菩薩の二重構造と「利他」への道
    8. 「上求菩提・下化衆生」へ

    第3章  戒律とは何か
    1. 三学(戒・定・慧)と五分法身
    2. 戒と律の違い
    3. 三帰五戒
    4. 随犯随制(ずいぼんずいせい)と波羅提木叉(はらだいもくしゃ)
    5. 波羅夷法(はらいほう)
    6. 僧残法と不定法
    7. 捨堕法(しゃだほう)・波逸提法(はいつだいほう)・悔過法(けかほう)
    8. 止持戒と作持戒
    9. 大乗仏教の十善戒
    10. 戒の主体 ― 七衆と近住(ごんじゅう)
    11. 戒の内容
    12. 時代の救い、理想のサンガーとして

    第4章  五停心観(ごじょうしんかん)
    1. 「禅」「定」と「止」「観」
    2. 心を止める五つの修行
    3. 「不浄観」 ― 貪りの心多き人が修する観法
    4. 「慈悲観」 ― 怒り多き人が修する観法
    5. 「因縁観」 ― 愚痴多き人が修する観法
    6. 「界分別観」 ― 自我が強く驕り高ぶる人の修する観法
    7. 「数息観(すそくかん)」 ― 心がよく乱れる人の修する観法
    8. 五停心観の中心 ― 心を鎮める

    第5章  智慧とは何か
    1. 「三学」(戒・定・慧)の「慧」とは
    2. 慧の種類
    3. 識と般若
    4. この世的観点とあの世的観点

    第6章  解脱の意味
    1. 解脱と涅槃 ― 自由と平和
    2. 信解脱 ― 疑の克服
    3. 定解脱 ― 物質的波動の克服
    4. 慧解脱 ― 無明の克服
    5. 心解脱 ― 欲の克服
    6. 倶解脱 ― 煩悩障と解脱障の克服
    7. 五分法身(戒・定・慧・解脱・解脱知見)

    第7章  魔とは何か
    1. 釈迦の降魔成道
    2. 魔と「色・受・想・行・識」
    3. 「己心の魔」と「悪魔」の存在
    4. 悪魔の本質
    5. 魔に魅入られないための方法 ― 謙虚さと自分の実績の検証
    6. 一切の魔に打ち克つ決定的な武器 ― 信仰心と精進


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    1996年1月 点訳


次の書籍のもくじへ

仏教書一覧へもどる






ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る