『教育の法』
信仰と実学の間で(全3巻)

学校への信頼、熱心な人格者としての教師、伸びていくことを喜びとする生徒。 ―そんな教育を、この日本からつくりたい。

第1章 教育再生 宗教心と企業家精神を育むために

  1. 教育の持つ意味
  2. 日本の公教育の問題点
  3. 有名進学校の実情
  4. 学校教育に「宗教的バックボーン」を入れる
  5. 企業家精神のある子供を育てる

第2章 いじめ問題解決のために ─ 正義が支配する学校を取り戻せ
  1. 教室は「悪霊との対決の場」になっている
  2. いじめとの戦いは「組織悪との戦い」
  3. いじめと戦う方法とは
  4. 正義が支配する学校の実現を

第3章 宗教的教育の目指すもの ─ 幸福の科学学園創立者の心
  1. 学校は「教育理念」で生成・発展していく
  2. 担任の先生たちの思い出
  3. 幸福の科学学園への期待
  4. 各科目に、どう取り組むか
  5. 宗教的教育の目指すもの

第4章 教育の理想について ─ 実社会に出てから役立つ教育を
  1. 教育の目的とは何か
  2. 子供たちにどうしても教えてほしいこと
  3. 「先生」と呼ばれるための条件
  4. 人気のある教師になる方法
  5. 子供の「やる気」を引き出す教師となれ

第5章 信仰と教育について ─ 新時代のエリートの輩出を目指して
  1. 幸福の科学学園に込めた願い
  2. 学校教育は本来どういう人材をつくるべきか
  3. 新しい時代のエリート像
  4. 世界の人々を助け、一つにする運動を

幸福の科学学園校歌 未来をこの手に
大川隆法 著
幸福の科学出版 2011年2月刊
2011年3月 点訳


次の書籍のもくじへ

「法」シリーズ一覧へもどる







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る