『永遠の生命の世界』人は死んだらどうなるか(全2巻)

あなたにこの真実を伝えたい。死は、永遠の別れではありません。
脳死の真実と臓器移植の問題点、正しい先祖供養のあり方など、死後の 世界の疑問に答え、真実の世界の秘密を明らかにした、すべてのかたに読んでいただきたい一書です。
    第1章  死の下の平等
    1. なぜ宗教という分野の仕事があるか
    2. 目に見える世界以外の力が働いている
    3. 「人は必ず死ぬものだ」という覚悟を
    4. 霊界での新しい経験
    5. 死後、あの世での行き先が決まるまで

    第2章  死後の魂について(質疑応答)
    1. 死期が近づいた人間の魂の様相
    2. 死後、人間の魂はどうなるか
    3. 死後の世界での年齢について
    4. 自殺した人の霊はどうなるか
    5. 戦争や震災による不成仏霊たちの供養
    6. あの世を信じていない人への伝道
    7. 脳死についての考え方

    第3章  脳死と臓器移植の問題点
    1. 真実を知る宗教家として、正論を述べる
    2. ほんとうの死とは何か
    3. 現代の医学は、まだまだ未開の状態にある

    第4章  先祖供養の真実
    1. 先祖供養の意義
    2. 先祖供養における注意点
    3. 死はあの世への旅立ち
    4. 救済の前段階 ― 責任の自覚
    5. 晩年を生きる心構え

    第5章  永遠の生命の世界
    1. この世は、かりそめの世界
    2. 魂を鍛え、光らせるために
    3. 真実の価値観に基づいた仏国土を


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    2004年4月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る