『幸福の科学とは何か』初歩からの真理(全2巻)

人生は、問題集という観点からとらえ直すときに、そこに新たな景観が現れます。それは、期待と希望に満ちたすばらしいものです。この人生の醍醐味を多くの人に味わっていただき、最高の人生を生き切っていただきたいと思います。(「あとがき」より)
    第1章  学びへの情熱
    1. 知ることの大切さ
    2. 探究・学習あってこその伝道
    3. 偉大なる常識人をめざして
    4. 人生の大学院 幸福の科学

    第2章  霊界の実態
    1. 霊界とは何か
    2. 地獄界について
    3. 天上界について
    4. 高級霊界の様相

    第3章  この世とあの世を貫く幸福
    1. 現在という視点
    2. 死の意味
    3. ひと味違った幸福論
    4. 悟りの意味をかみしめる

    第4章  与える愛
    1. 愛の基本
    2. 与える愛と執着
    3. 愛に段階あり
    4. 菩薩の愛

    第5章  反省はなぜ必要か
    1. 反省についての考え方
    2. 心の曇りと悪霊
    3. 心のさび落としとさび止め
    4. 悟りへの第一歩

    第6章  光明思想とは何か
    1. 人生と希望
    2. 反省主義の落とし穴
    3. 光明転回の方法
    4. 積極型人生

    第7章  阿羅漢をめざして
    1. 阿羅漢とは何か
    2. 阿羅漢の基準
    3. 千人の阿羅漢
    4. 菩薩への準備

    第8章  人生という名の問題集
    1. 一冊の問題集としての人生
    2. 問題集を解く鍵
    3. 未知なるものを楽しむ
    4. 最高の人生を生きる


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    2001年5月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る






ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る