『人生の王道を語る』いざ、黎明の時代へ(全3巻)

深く心の奥底を穿ち、実相をつかみえた人ならば、本書で 私が語っていることが、抽象的な事柄ではなく、具体的事実そのものであるこ とがわかるであろう。心を正しくし、その発展の延長に成功を求めない限り、 真なる成功というものはないのだ。王道とは、この世とあの世を貫く真なる幸 福の道でもあるのだ。(「まえがき」より)
    第1章  人生の王道を語る(序論)
    1. 王道を歩む出発点
    2. あの世の存在
    3. 王道を歩む

    第2章  平静心
    1. 静か なるとき
    2. 神秘を感じる
    3. 悩みの傾向性
    4. 平らかな湖面を守るために
    5. 小春日和のように

    第3章  人生の再建
    1. 恨みごころで恨みは解けない
    2. 第一のステップ ― マイナスの思いを止めよ
    3. 第二のステップ ― 研究する心
    4. 第三のステップ ― 理想と情熱
    5. 四正道と人生の再建

    第4章  永遠の今を生きる
    1. 時間の感覚
    2. 価値を生む時間
    3. 時間をふやす発明と投資
    4. 時間の密度を高める
    5. 時間の面積を広げる
    6. 人生の総決算としての時間の容積
    7. 時間を黄金に変えよ ― 人生時間の予算化

    第5章  人間完成への道
    1. 人類永遠の理想
    2. 魂のうずき
    3. 守護霊の存在
    4. 我独りの力にあらず
    5. 生命の大樹
    6. 人間完成への道

    第6章  人生の王道を語る
    1. 真なる指導者
    2. 指導者の条件1 ―「礼」
    3. 指導者の条件2 ―「智」
    4. 指導者の条件3 ―「信」
    5. 指導者の条件4 ―「義」
    6. 指導者の条件5 ―「勇」
    7. 五つの徳目による反省
    8. 愛の力 ―「仁」
    9. 人生の王道

    第7章  黎明の時代 ― 東京大学五月祭特別講演
    1. 奪う愛から与える愛へ
    2. 根を培う
    3. 戦略的発想
    4. 肉体面への配慮
    5. 新時代への胎動
    6. 民主主義の源流
    7. 太陽の時代


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    2001年3月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る