『信仰と愛』不惜身命の誓い(全2巻)

地上はいまだ闇の中にあります。あちこちに悪の勢力がはび こっています。「しかし、光はたしかにここにある。たしかに灯って(ともって)いる」。そ れを告げ知らせるために、本書は編まれました。(「まえがき」より)
    第1章  究極の自己実現
    1. はるかなる世界から
    2. まず愛あれ
    3. 心に火を灯す(ともす)
    4. 愛は風の如く
    5. 限りなく無私な心
    6. 愛のための発展
    7. 究極の自己実現

    第2章  信仰と愛
    1. 啓示の時
    2. 真実の証人として
    3. 荒野に種を蒔く
    4. 生命を賭した伝道
    5. 信仰、それは人類の理想
    6. 信仰即愛・愛即信仰

    第3章  信念の力
    1. 人間としての目覚め
    2. 人類幸福化運動
    3. 世界に何を伝えるのか
    4. 求められる「幸福の生産者」
    5. 信念の力
    6. 無限の愛をすべての人へ

    第4章  押し寄せる愛の大河
    1. 方途なき時代の希望
    2. 自由にともなう責任
    3. 正しい意味での供養
    4. 真理の書籍の大いなる力
    5. 押し寄せる愛の大河


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    2000年9月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る