『理想国家日本の条件』宗教立国のすすめ(全2巻)

無神論(むしんろん)、唯物論は間違いです。金もうけ一本槍の、経済至上主義も間違いです。邪教がはびこることも間違いです。正しい神仏の教えに基づいて、国民一人一人が本当の意味で幸福に暮らせる国家をつくってこそ、ユートピアの時代がくるのです。日本は、いまこそ、「宗教立国」を押しすすめるべき時です。時代が要請する「幸福の科学興国論」に耳を傾けるべき時です。(「あとがき」より)
    第1章  信仰の勝利 
    1. エル・カンターレ宣言
    2. 永遠の仏陀
    3. 魂の自由 ― 最大の幸福
    4. 地球を救う光 ― 幸福の科学
    5. 神への誓願
    6. 仏国土(ぶっこくど)成就の理想
    7. 信仰の勝利

    第2章  理想国家日本の条件
    1. エルの物語 ― ギリシャ時代の臨死体験
    2. プラトンにみる理想国家と哲人王
    3. 日本における政治と政治家のあり方
    4. 徳治主義的民主主義をめざして

    第3章  逆境からの脱出
    1. 逆境からの脱出 ― 政治編
    2. 逆境からの脱出 ― 経済編
    3. 逆境からの脱出 ― 病気編
    4. 逆境からの脱出 ― 家庭編

    第4章  ダイナマイト思考
    1. 言葉がつくる幸(こう)・不幸
    2. 幸福の種子を見いだす
    3. 幸福になるための二つの考え方
    4. 家庭間の嫉妬心の克服
    5. ものごとは考え方ひとつ
    6. 過去は過去、これから先どうするのか
    7. 心は幸(こう)・不幸を引き寄せる磁石である
    8. 念い(おもい)は必ず仕事をする
    9. ダイナマイト思考

    第5章  ユートピアの時代
    1. ユートピア ― 魂の記憶
    2. 霊文明の流れをたどる
    3. 新文明の発進地としての日本
    4. 経済発展はユートピアの原点
    5. 真なる指導者とは
    6. 宗教 ― ユートピアの条件
    7. 「信教の自由」は「言論の自由」に優越する
    8. 真理価値のもとでの自由の発揮

    第6章  新世界建設
    1. エル・カンターレ ― うるわしき光の国〈地球〉
    2. 五つの予言 ― 人類未曾有の危機
    3. 救世の地 ― 日本
    4. 救世の福音
    5. 如来の四法印
    6. 人類の希望


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    2000年7月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る