『悟りに到る道』心の発見から発展へ(全2巻)

第1章では、多くの人々が興味を持っている、死後 の世界への旅立ちを語った。第2章では、現代日本の政治家の過去世に言及しながら、正しい宗教のあり方を説いた。第3章では悟りに到る道を、「心の発見」「心の平静」「心の発展」に分けて解説してみた。そして第4章では、科学的見地から、霊的人生修行の仕組みを解明した。(「まえがき」より)
    第1章  天国と地獄
    1. 真実の死の瞬間とは
    2. 死後の魂は三通りに分かれる
    3. 霊界への旅立ち
    4. 老壮年期の過ごし方

    第2章   宗教改革の精神
    1. 政治家の転生
    2. 宗教の違いがわかる時代
    3. 「三密」に基づく正しい修行
    4. 「三界(さんがい)」と転生輪廻
    5. 地獄の諸相

    第3章  悟りに到る道
    1. 「正しき心の探究」の道
    2. 心の発見
    3. 心の平静 ― 反省する心と不動心
    4. 心の発展 ― 希望と勇気
    5. 悟りという名の幸福

    第4章  人生修行の道
    1. 高級霊から見たこの世の世界
    2. 主体的な人生を生きよ
    3. 霊指導と憑依
    4. 真理学習による光の供給
    5. 現代的な布教のあり方
    6. 宗教界の向上をめざして


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    2001年9月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る