『幸福の科学興国論』宗教立国への挑戦(全1巻)

「言論・出版の自由」というのは、国家権力による検閲や圧力からの自由なのです。特定の個人や団体に対する自由ではありません。それは、一般社会においては「責任ある自由」であって、道徳律のもとになければならないのです。(本文より)
    第1章  幸福の科学興国論
    1. 幸福の科学の視点 ― 高次元から現状を俯瞰し、将来のビジョンを示す
    2. 事実上の第一権力となったマスコミ
    3. 「言論・出版の自由」の真実
    4. 「宗教的人格権」の内容
    5. 邪教対策 ― 宗教間の切磋琢磨
    6. 宗教は「権力」ではなく「権威」を求めるべきである
    7. 小選挙区制がもたらすもの
    8. 憲法改正の論点
    9. 世界的な危機のなかで日本はどうするのか
    10. 来世紀(らいせいき)における宗教の役割 ― 知識社会における啓蒙
    11. 陥りやすい罠(わな) ― 地球政府樹立の誘惑

    第2章  質疑応答
    1. 邪教との法戦を、個人のレベルでどのように進めるべきか
    2. 徳治主義的民主主義への移行過程での注意点
    3. 世紀末現象に対して、どのような努力をすればよいのか
    4. リーダーシップにおける仏陀型とヘルメス型の違い


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    1997年4月 点訳


見出しメニューへ戻る







ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る