『われ一人立つ。大川隆法第一声』
幸福の科学発足記念座談会(全3巻)

東京大学法学部卒業。大手総合商社でエリート街道を歩みながらの突然の退社。 そして、戦後最大級の宗教を立ち上げた。 世界宗教・幸福の科学の出発点がここに。 1986年11月23日 著者満三十歳の第一回座談会が待望の書籍化! 《特別収録》2010年4月説法「初転法輪(しょてんぼうりん)の決意を新たに」
3千百回以上も説法を重ねてきた、大川総裁の記念すべき第一声を収録。世界宗教・幸福の科学発足当時の感動を味わえます。

    第1章 幸福の科学発足にあたって
    1. 三十歳にして立つ―「大川隆法第一声」
    2. 大悟―私に臨んだ高級霊からの通信
    3. 地獄霊からの邪魔にも負けず、商社勤務をやり抜いた「私の修行時代」
    4. 教えの中身で勝負―「本物」として選ばれる自信
    5. 時代環境や個性に応じて教えを説いた「高級霊の活躍」を俯瞰する
    6. 天上界の「次元構造」と魂の真実
    7. 私の今世の使命を語る―「個の悟り」と「全体の悟り」を説く

    第2章 質疑応答
    1. Q1 講演会等の来年のスケジュールはどうなるか
    2. Q2 「組織」としてのかたちをどう考えているか
    3. Q3 青少年の間違った霊的知識を正し、天上界の意志に適う世の中にするためにどうすべきか
    4. Q4 実在界では、霊はどのような姿をしているのか
    5. Q5 イエスと日蓮聖人が霊言でスタンスが違うのはなぜか
    6. Q6 自分の霊格を高めるためにどうすればいいのか
    7. Q7 「芸術家の霊言」の発刊予定はあるのか
    8. Q8 亡くなった母は、どの世界に還ったのか
    9. Q9 「エリヤの七大予言」が収録されていないのはなぜか
    10. Q10 睡眠中に霊はどこに行くのか
    11. Q11 阿弥陀如来や弥勒菩薩はどういう存在なのか、幽体離脱の研究者ロバート・モンローは天使なのか
    12. Q12 宇宙人から真理を教わることはありえるか
    13. Q13 悪口を言う人と一緒にいるときにどう対処するべきか
    14. Q14 霊界や転生輪廻を踏まえた霊的人生観を広めていくには

    〈特別付録〉初転法輪の決意を新たに
    1. 「大川隆法第一声」から幸福の科学の大発展が始まった
    2. 立宗以降積み重ねてきた「実績」と「信用」
    3. 世界に法輪を転じてゆけ

    大川隆法 著
    幸福の科学出版 2020年9月刊
    2021年5月 点訳






    ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


    ホーム(Contents Menu)へ戻る