『幸福の科学の十大原理(下巻)』
エル・カンターレ「救世の悲願」(全5巻)

人生とは?知とは?心とは? 理想社会とは?祈りとは?神とは? 人類が求めていた疑問への答え。 そして、その先へ。 これほどまでに独創的で広大無辺な法が、 人類の歴史に存在したか。 変わりゆく時代のなかで、 決して変わることがない永遠の真理が、この一冊に。 著者が31歳から32歳のときに説かれた 救世の悲願に満ち満ちた熱き真実のメッセージ。
【知の原理】人生の問題集を説く鍵は、認識力を高めること
【ユートピアの原理 】目に見えないものに本当の価値があることを伝えよ
【救世の原理】いま、ここに私たちが存在する意味と人類の転換期
【反省の原理】あなたの心のなかにある「仏性を顕現」せよ
【祈りの原理】祈りによって、人は人を超えることができる

    第1章 知の原理 1988年3月13日 説法
    1. 学びの基本姿勢とは
    2. 人生の問題を解決する鍵 ―認識力を獲得するには
    3. より大いなる高みを目指して―「知の発展段階」とは

    第2章 ユートピアの原理 1988年5月29日 説法
    1. 危機の時代に臨んで
    2. ユートピアをつくるための三つの指導原理とは
    3. ユートピアに向けた個人の行動原理とは
    4. 社会のユートピアの原理を打ち立てる

    第3章 救世の原理 1988年7月31日 説法
    1. 創意工夫し、発見・発明せよ
    2. 人生の効率化・濃密化をし、最大限の収穫を得る
    3. 地球も惑星も、魂の収穫量を増やす「学習の場」
    4. 霊的エネルギーから見た魂の分化
    5. 神の三大発明
    6. 神の三大発明への感謝
    7. 星の生命体にも転生輪廻がある
    8. 救世運動に入れるべき三つの指標

    第4章 反省の原理 1988年10月2日 説法
    1. 霊的な視点から見た反省の意味
    2. ラ・ムーの三正道
    3. 「内なる仏性」を顕現せよ
    4. 真説・八正道

    第5章 祈りの原理 1988年12月18日 説法
    1. 「真理の言葉」のエネルギーはいかなる世界から出ているか
    2. 祈りの法則―心清くあれ
    3. 真実の祈りが意味するもの
    4. 祈りの前に必要な覚悟とは
    5. 祈りのための三つの基準―美・善・愛

    大川隆法 著
    幸福の科学出版 2020年8月刊
    2021年3月 点訳






    ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


    ホーム(Contents Menu)へ戻る