『幸福の科学の十大原理(上巻)』
エル・カンターレ「教えの原点」(全5巻)

すべては、真実のために。あなたの幸福のために。 終わりなき挑戦は、ここからはじまった。 幸福の科学はいかにして誕生したのか。どんな教えなのか。何をめざしているのか。 あらゆる宗教や思想、学問を統合し、幸福の科学が世界にひろがる原動力となった草創期の講演集が、改訂新版で待望の発刊。 幸福の科学が本格的にスタートした1987年、著者が30歳から31歳のときに説かれた教えの原点。
【幸福の原理】「愛・知・反省・発展」―幸福に至るための四つの道。
【愛の原理】イエスの愛とその限界を超えた「愛の発展段階説」。
【心の原理】正しき心の探究とは何か―心の本質と構造。
【悟りの原理】あの世に持って還れるものは「心」しかない。
【発展の原理】自分の心を見つめ、自己を確立し、中道からの発展を。


    第1章 幸福の原理
    1. 青年の時代
    2. 真理への道
    3. 宗教指導者の責任
    4. ゼロからのスタート
    5. 預言者とは何か
    6. 幸福の科学の教えの基本―「内から外へ」「土台から柱へ」
    7. 幸福の原理とは

    第2章 愛の原理
    1. 歴史的に輝き続けてきた『太陽の法』
    2. 救世の予言
    3. イエスの愛とその限界
    4. 愛の発展段階

    第3章 心の原理
    1. 「心の教え」から始まる
    2. 心の本質と構造
    3. 心・魂・霊の違い
    4. 心の世界の段階と霊的自覚の進化
    5. 正しき心の探究

    第4章 悟りの原理
    1. 真理への情熱
    2. 新たな価値基準の樹立
    3. 真理の縁に触れる
    4. 悟りの道の厳しさ
    5. 自らの内なる神を発見する
    6. 正しき心の探究と幸福の原理
    7. 反省なくして悟りなし
    8. 進歩と調和

    第5章 発展の原理
    1. 反省あってこその発展
    2. 中道からの発展とは
    3. 平凡性の自覚からの出発
    4. 現代的中道の捉え方
    5. 中道に入り、自らを光り輝かせる反省
    6. 発展に向けての反省
    7. 愛・祈り・自己実現
    8. 進歩と調和

    大川隆法 著
    幸福の科学出版 2020年8月刊
    2021年2月 点訳






    ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


    ホーム(Contents Menu)へ戻る