『愛は風の如く1』ヘルメスとアフロディーテ(全2巻)

ヘルメスとアフロディーテ、二人の純愛をメイン・テーマとして、戦争と 平和、天使と悪魔、真の勇気とは、愛の本質とは、といった問題が提起され、一大叙事詩の 中に説き明かされてゆきます。(「まえがき」より)

真の英雄ヘルメスと美の女神アフロディーテ。4300年前の ギリシャを舞台に二人の愛と勇気が、今、ここに甦る。


    第1章  ヘルメスの誕生 
    1. ヘルメスの実像
    2. クレタ文明の姿
    3. 漁業の風景
    4. 光の子ヘルメス

    第2章  大自然のなかで 
    1. クノッソスのミノス王
    2. 母 マイシャの歌
    3. 父王リュカルゴスの影響
    4. 少年時代のマリアの町

    第3章  アフロディーテ 
    1. ビーナスの誕生
    2. 聡明さと音楽の才能
    3. 月夜の歌
    4. アフロディーテの願い

    第4章  かぎりなく純粋な愛
    1. 竪琴を弾くヘルメス
    2. ヘルメスの歌
    3. 潮騒の浜辺
    4. 揺れる心

    第5章  危機 
    1. 青年の夢と野望
    2. ある冬の晩
    3. 不覚
    4. 悲しみの歌

    第6章  夢破れて 
    1. 満月の夜の出会い
    2. ふたりの語らい
    3. 発覚
    4. 夢破れて
    5. 救出

    第7章  ふたりの出発 
    1. 結婚の祝宴
    2. クレタ文明
    3. 武勇にたけたヘルメス
    4. ヘルメスが編み出した戦法

    第8章  天からの啓示 
    1. リュカルゴスの丘でのできごと
    2. 海中での戦い
    3. ふたつのダイヤモンドの腕輪
    4. 天からの啓示

    第9章  第一の使命 
    1. 光の使者・オフェアリス
    2. ヘルメスの使命
    3. ミノス王の秘密
    4. ミノス王打倒の作戦

    第10章  クノッソスの秘密 
    1. クノッソスの迷宮の秘密
    2. ミノス王の悪行
    3. アイゲウス王とテーセウス
    4. 問題解決の鍵

    第11章  ヘルメスとテーセウス 
    1. 人質船の出帆
    2. クノッソスの酒宴
    3. 王女アリアドーネ
    4. アリアドーネの知恵の糸巻


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    1996年8月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る






ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ



ホーム(Contents Menu)へ戻る