『信仰の法』地球神エル・カンターレとは(全3巻)

人種、文化、政治、そして宗教―さまざまな価値観の 違いを超えて、この地球は“ひとつ”になれる。
あなたが抱えるどんな悩みも苦しみも、この世界の争いや憎しみの連鎖さえも。 「信じる力」によって、すべては超えていける。
「地球神」― それは、イエスが父と呼び、ムハンマドがアッラーと呼んだ存在。 そして、今、この地球の新しい文明を築くために。
地球のはじまり、人類誕生の秘密、人生の真実、愛の本質、そして戦争を終わらせ る方法…人類が求めてきた「永遠の疑問」に対する「答え」が説き明かされる。
世界100カ国以上(29言語)に愛読者を持つ著者渾身の一書! 著作2300書突破!

  第1章 信じる力─人生と世界の新しい現実を創り出す

  1. 一生懸命に道を求めてきた私の人生
  2. 幸福の科学は、なぜ、大きな力を持てたのか
  3. 世界中の戦争を終わらせるために活動を続ける
  4. 「信じる力」が、奇跡を起こす

  第2章 愛から始まる─「人生の問題集」を解き、「人生学のプロ」になる
  1. 「愛されたい」という気持ちは人間の本能
  2. 「人生の問題集」「組織の運営」に伴う愛の苦しみ
  3. 「愛すること」「信じること」で「人生学のプロ」になろう
  4. そして、「許す愛」で憎しみを超える
  5. 世界に必要なものは「神の愛」

第3章 未来への扉─人生三万日を世界のために使って生きる
  1. 人生の早い時期に目覚め、志を立てよう
  2. 「未来を見通す力」を持つ幸福の科学
  3. 未来への扉を開く鍵
  4. あなたの未来、死んだあとはどうなるのか?

第4章 「日本発世界宗教」が地球を救う─この星から紛争をなくすための国造りを
  1. 国家の基本的精神は宗教から来ている
  2. 光を感じ、人生を立て直す瞬間を
  3. 大国日本が果たすべき使命とは
  4. 世界紛争を根本からなくすために

第5章 地球神への信仰とは何か─新しい地球創世記の時代を生きる
  1. エル・カンターレは「地球神」
  2. エル・カンターレの本体下生の真実
  3. すべての宗教の中心に「地球神信仰」を
  4. 今、新しい地球創世記が始まろうとしている

第6章 人類の選択─地球神の下に自由と民主主義を掲げよ
  1. 21世紀は「平和と安定」か「人類の淘汰」か
  2. 世界各地にある「核戦争の危機」
  3. 「世界的正義」に照らして各国の現状を観る
  4. 人類は今、重大な岐路に立っている
  5. 地球神エル・カンターレからのメッセージp

大川隆法 著
幸福の科学出版 2017年12月刊
2017年12月 点訳






ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る