『信仰告白の時代』智慧と慈悲の新世紀を拓く(全3巻)

邪宗の二つ三つが出てきたからといって、「宗教無用論」を説くようでは、とうてい文明国家の国民とはいえぬ。邪教が社会問題を起こしているからこそ、正しい宗教を擁護し、確立し、人々を啓蒙すべきであるとの世論が興ってこそ、文明国家の国民といえる。(「あとがき」より)
    第1章  信仰告白の時代
    1. 正義と信仰
    2. 宗教における寛容と非寛容
    3. 智慧と慈悲による文明転換
    4. 今こそ、信仰告白の時代

    第2章  悟りの時代
    1. さまざまな悪見
    2. 第一の法門 ― 信解脱
    3. 第二の法門 ― 慧解脱(えげだつ)

    第3章  反省の原点
    1. 三つの驕りと「生・老・病・死(しょうろうびょうし)」
    2. 十八界の思想
    3. あやまてる人生観の形成
    4. 思いと行ないがつくる地獄
    5. 宗教の本質
    6. 反省即発展

    第4章  悟りの復権
    1. 周利槃特の悟り
    2. 道元の悟り
    3. 心の塵
    4. 反省の視点 ― 言葉と健康生活
    5. 自己を輝かす
    6. 悟後の修行

    第5章  空(くう)と阿羅漢
    1. 阿羅漢とは何か
    2. 無我の思想
    3. 唯物論化した「無我」と「空(くう)」
    4. 龍樹の空(くう)の思想
    5. 阿羅漢に到る法門

    第6章  心は何に挑戦すべきか
    1. 神人隔絶型と神人合一型
    2. 悟りの性質としての仏性(ぶっしょう)
    3. 心の波長の調え方
    4. 善悪と識・般若
    5. 無我観の注意点
    6. 色心不二(しきしんふに)
    7. 悟りの四段階
    8. 霊能力による悟りの危険と架橋の理論
    9. 間違った因縁論
    10. 新時代のトップ・ランナーと宗教エリート


    大川隆法 著
    幸福の科学出版 刊
    1996年4月 点訳


次の書籍のもくじへ

見出しメニューへ戻る






ご利用案内をお読みでないかたは こちらへ


ホーム(Contents Menu)へ戻る